技術推進に欠かせないファイナンスの重要性とは

光通信技術にかける情熱と現実

譲り渡す収入租税の算定手段は、譲り渡す所得(株売却額)-入手費(株の買う費+買付手数料+売却手数料)=譲り渡す収入。120.000-(100.000+(仮)500+500)=19.000円=譲り渡す収入。譲り渡す収入 19.000×20.315%=3.859円(収入租税)。税引き儲け15.141円です。

限定口座内では実際は入手単価を出して算出しているのですが、株単価が不明瞭なので間引くしました。それでも小理屈は正しいです。ほんの少し誤差が出ます。

光通信の限定口座(源泉徴収あり)は交易の都度、その周年の初めの交易から再算出して租税を算定します。ですから得失をだして次回の交易があると、始めから算出しなおして直近の正しい租税を算定します。20.000円の儲けを出した先の交易で20.000の損を出すと再算出で譲渡益三になり先の交易で徴発した4.000円の租税を限定口座内に還付します。つまり徴発と還付が常に行われています。

確定申告で算定される租税の算定。譲り渡す所得-(株の入手単価×株数+売付手数料)=譲り渡す収入、この譲り渡す収入に譲り渡す収入租税の20.315%を乗じて譲り渡す収入租税額を算定する。

株の入手単価の出し方。(約定単価×株数+買付手数料)÷株数=入手単価(小数部を切り上げ整数にする)ケース621.34とすると小数部を切り上げ622円となりそれが入手単価となる。つまり買付手数料込の単価を入手単価と云う。かぎりは単ブランド・1回交易の時で事実には1周年中の中には複数のブランド・複数の交易をするので総平均法で、ブランドごとに平均入手単価を算定してブランドごとに買うコストを決断する。

そのブランドごとのトータルを総買うコストとして総売却額(譲り渡す所得)から、総買うコストを引いてから総売却手数料を更に引いて譲り渡す収入額を算定して税率を乗じて収入租税を算定する。

平均入手単価の算出法、ケースえばAブランドの時(A株の総約定金額(個々の約定金額のトータル)+A株の総買付手数料)÷トータル株数=A株の平均入手単価、ケース (500円×100株+450円×200株+520円×300株+総買付手数料)÷600株=A株の平均入手単価。

まとめると1周年中の譲り渡す収入租税は、総売却額(譲り渡す所得)-(A株の平均入手単価×株数+B株の平均入手単価×株数+C株・・・)=譲渡益-総売付手数料=譲り渡す収入×20.315%=収入租税。

光通信の技術的な内容

光通信に参加すると回線終端装備兼ルーターを強制的にリースさせられますが、あれの下位に無電LANルーターを連絡する際、必ず橋モードにしなければいけないのでしょうか。両者ともルーターモードで動かしたとしても、192.168.x.yのxの一部を回線終端装備兼ルーターと無電LANルーターで個個違う数値に想定してセグメントを変えてしまえば、二つのルーターを両立できると思うのですが。(尤も、そうすると無電LANで回線終端装備の想定映像に入るわはできなくなるとは思いますが。)

無電LANルーターをルーターモードにするわによって起こる不具合が何かあれば教えて下さい。 家庭ゲートウェイ(HGW)とは多性能ルータです。電信LANや、光テレフォン(VoIP)、ネットTVなど、独自の性能を付加した者です。

フレッツ光線のところ、単体約束では家庭ゲートウェイは貸し出しされません。このところは契約者が望みしたところのみです。ただし、光テレフォンのところは、公用の家庭ゲートウェイが所要の為、光テレフォンをオプションで付けると必ず付いてきます。

普通は月額250円の賃貸代価がかかりますが、光テレフォンをオプションを付けると光テレフォンの大本月額代価500円の内面に組み込まれます。ですので光テレフォンを使わないのであれば、外して他社のルータを取付けても身動きするかも知れません。 ※どのに関しては確実ではないですが、どのをするのであれば光テレフォンは取り消すしてしまった者がいいです。

「RT-400NE」は、一応「光テレフォンルータ」という名になっています。ただし、電信LANはオプションの為、別法、電信LANカルタ(レンタル料月額100円)が所要となります。

光テレフォンを約束しているかが肝心なので、していなければ元来所要無いですし、また約束していても活用するねがないのであれば光テレフォンのみ取り消すすれば、返品になります。


since2010 © The Dolphinlog